Service ページを追加しました。

Serviceページを追加しました。
下記をまとめながら、noteに書き溜めてきたことへのリンクしやすいようにしています。

・SKGのブランディングの考え方
・ブランディングの流れ
・活用事例
・料金プラン(料金の考え方)
・よくある質問

https://s-k-g.net/service/

「日本のグラフィックデザイン2022」出展

JAGDA ‘Graphic Design in Japan 2022’に入選した「日本機械学会誌2021」が「日本のグラフィックデザイン2022」とした展覧会で実物展示されています。

会期:2022年6月30日(木)~8月11日(木・祝)11:00‒19:00
会期中無休・入場無料
会場:東京ミッドタウン・デザインハブ
主催:東京ミッドタウン・デザインハブ
企画・運営:公益社団法人日本グラフィックデザイン協会(JAGDA)

SKG Web内 「日本機械学会誌2021」>

LIGHT & DISHES Lab. オープン

「美味しさ 生きる 光」をコンセプトに、「食」を引き立てる光を追求しているLIGHT & DISHES。照明関連コンサルティング、照明器具販売、照明デザインメディア執筆、飲食店運営等手掛けています。
SKGのブランディングのお手伝いは2017年頃から担当。この度、ロゴを含めリニューアルし、2022年4月8日、LIGHT & DISHES Lab.をオープンしました。
追ってウェブサイトもリニューアル公開される予定です。

「建築模型展」グラフィックデザイン担当

寺田倉庫運営での建築倉庫ミュージアム改め、WHAT MUSEUM。2022年4月28日(木)から10月16日(日)に渡り、「建築模型展 -文化と思考の変遷-」を開催されることが発表されました。SKGは広報物や会場のグラフィックデザインを担当しています。

展覧会名:建築模型展 -文化と思考の変遷-
会期:2022年4月28日(木)〜 10 月 16 日(日)
会場:WHAT MUSEUM1階
開館時間:火~日 11時~18時(最終入場17時)月曜休館(祝日の場合、翌火曜休館)

出展建築家・構造家(五十音順):
相田 武文 / 秋吉 浩気|VUILD / 磯崎 新 / オンデザインパートナーズ / 川口 衞 / 隈研吾+篠原聡子 / SANAA 妹島和世 +西沢立衛 / 三分一 博志 / 瀧澤 眞弓 / noiz / 藤森 照信 / 山田 紗子 / 山本 理顕

主催・企画:WHAT MUSEUM
企画協力 :若林拓哉、瀬尾憲司
会場・什器デザイン:萬代基介建築設計事務所
撮影:瀬尾憲司
イラスト:Miltata
グラフィックデザイン:SKG
協力:一般社団法人日本建築学会 建築と模型[若手奨励]特別研究委員会、三宅理一

https://what.warehouseofart.org/exhibitions/architecturalmodel

前へ 1 2 3 4 5 ... 5 次へ